×

CATEGORY

翻訳

 
 

 

 
 

商品画像について

 
商品の写真をメールやLINEで送って欲しい!というご要望にも出来る限りお答えさせて頂いております☆
是非ともお気軽にお問い合わせくださいませ^^

LINEアカウントは下記番号で検索してください。
090-3052-4155


 
配送に関する注意

厚さ5cm以下の商品は日本郵便の定形外で、送付することができますが、梱包を合わせると5cmを超えてしまう商品もあるため、その場合は別途こちらからご連絡をさせていただきます。

日本郵便(定型外)は保証が付きません。代引きもご利用いただけません。何卒ご理解をお願いいたします。
 
お問い合わせ

商品在庫に関して


弊店は店頭・ネットショップ・ヤフーショッピングにて販売をしております。
一点ものが多いため同日に同商品の注文を頂くことがあります。この場合は、申し訳ないですが、先にご注文していただいた方を優先させていただきます。ご了解下さい。

ブログ


 
会員登録はこちら

 

お支払い方法について

代金引換、銀行振込、クレジット決済、コンビニ決済、電子マネー決済、ネットバンク決済を用意してございます。ご希望にあわせて、各種ご利用ください。

代金引換はお支払い金額が300,000円(税込)を超える場合はご利用できません。申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。

代金引換 銀行振込 
クレジットカード決済クレジットカード決済クレジットカード決済 オンラインコンビニ決済
銀行系決済・電子マネー決済

 

MENU

サイト紹介

CATEGORY


VECSTONECLUBの名前を語り、商品画像を盗んで販売しているサイトが見つかりました。
弊社が販売しているのは、vecstone.jp 又はyahoo!ショッピングのみになります。
お気を付け下さい。

 

RANKING

HOME»  鉱物について

鉱物について

原子量 : 質量数12の炭素(12C)を12とし、これに対する相対値とします。ここで示した原子量は、各元素の詳しい原子量の値を有効数字4桁に四捨五入して作られたもので、国際純正・応用化学連合(IUPAC)で承認された原子量をもとに、日本化学原子量小委員会が作成したものです。なお、安定同位体がなく原子量の与えられていない放射性元素では、確認されている同位体の質量を〔〕で示しています。

鉱物

*化学式 : 元素記号を使って、鉱物の化学組成を示したものです。
*分子量 : 鉱物の分子を構成している原子の原子量の総和。
*金属元素重量分率 : 鉱物の分子中に占める金属元素の重量割合。
*結晶系 : 等軸、正方、六方、斜方、単斜、三斜の6つの結晶系に分類。
*比重 : 水を1としたときの重さの比率。
*へき開 : 鉱物の結合の弱い一定の結晶面に平行に剥離することで、そのへき開面は原子層の間、もしくは原子結合がもっとも弱い部分。完全、不完全、明瞭、不明瞭、なしなどに分類。
*色 : 色は鉱物の自然光による外観色。
*光沢 : 光沢は鉱物の表面の光の反射の仕方で、鈍い、金属、真珠、ガラス、油脂、樹脂、絹糸、金剛などに分類。
*透明度 : 鉱物の標本が光を通す程度のことで、鉱物を通して物が見えれば透明、光は通ってても物が見えなければ半透明、鉱物をいくら薄くしても光が通らなければ不透明などと分類。

元素と原子

私たち自身を含めた全ての生体や物質は元素で出来ています。とは言っても、元素が特に形をもつわけではなく、それぞれの性質を示す種類なのです。
物質は、物質そのものの性質をもつ分子から成り立っていて、その分子をさらに細かく見ると「実質の物質を構成する要素である」原子に到達します。

原子構造

原子の中心には原子核があって、これをプラス(正)に帯電している陽子と、帯電していない中性子からなっています。また、原子核の周囲は原子核となっていて、マイナス(負)に帯電している原子が軌道上に存在します。陽子の数と電子の数は同じで、原子はプラスとマイナスで相殺されて帯電していません。

周期表

原子の陽子・中性子、電子の関係を見ると、陽子の数と電子の数は等しく、この数を原子番号(周期表の配列順序)と言います。各原子の最外殻に配列する電子は、原子価電子または価電子と呼ばれていて、元素の化学的物質はこの価電子と呼ばれていて、元素の化学的性質はこの価電子によって決まります。周期表ではこの価電子が周期的に等しく示されていて、類似の元素が周期的に配列しています。この価電子が等しい為に、よく似た性質を示すのが同属の元素で、周期表の縦の列がそれとなります。