×

CATEGORY

お客様の声
会員登録はこちら
1000円以下の鉱物・原石

<高額な商品に関しまして>
平日の11時から17時までの間で、神戸の三宮にある国際会館15階の兵庫倶楽部でお見せすることが出来ます。
事前にご連絡いただければ幸いです。

翻訳

 
 

 

 
会員登録はこちら

 

 

代金引換、銀行振込、クレジット決済、コンビニ決済、電子マネー決済、ネットバンク決済、郵便振替を用意してございます。ご希望にあわせて、各種ご利用ください

代金引換はお支払い金額が300,000円(税込)を超える場合はご利用できません。申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。

代金引換 銀行振込 
クレジットカード決済クレジットカード決済クレジットカード決済 オンラインコンビニ決済
銀行系決済・電子マネー決済

 

配送に関する注意

厚さ5cm以下の商品は日本郵便の定形外で、送付することができますが、梱包を合わせると5cmを超えてしまう商品もあるため、その場合は別途こちらからご連絡をさせていただきます。

日本郵便(定型外)は保証が付きません。代引きもご利用いただけません。何卒ご理解をお願いいたします。
 
お問い合わせ

CATEGORY

MENU

商品在庫に関して


弊店は店頭・ネットショップ・ヤフーショッピングにて販売をしております。
一点ものが多いため同日に同商品の注文を頂くことがあります。この場合は、申し訳ないですが、先にご注文していただいた方を優先させていただきます。ご了解下さい。
 

商品画像について

 
商品の写真をメールやLINEで送って欲しい!というご要望にも出来る限りお答えさせて頂いております☆
是非ともお気軽にお問い合わせくださいませ^^

LINEアカウントは下記番号で検索してください。
090-3052-4155


 

VECSTONECLUBの名前を語り、商品画像を盗んで販売しているサイトが見つかりました。
弊社が販売しているのは、vecstone.jp 又はyahoo!ショッピングのみになります。
お気を付け下さい。

 

RANKING

ブログ

HOME»  寿山石(美術品)

 
 


寿山石(じゅざんせき)は、篆刻の主要な印材。彫刻素材にも利用される。主成分は葉 ろう石。中華人民共和国福建省産。 田黄(中文)、高山凍、杜陵坑、善伯洞など良質で 美しい材が知られる。現在は、良質なものの流通量は少なく、粗悪なものが輸入されております。
寿山石は、寿山に産するのでこの名がつきました。寿山とは、中国福建省福州市の北の北峰山地区をさし、海抜620~1130mである。
20世紀初頭、それは寿山石の産出量が最も多く、品種が最も出そろった時期でした。1929年、「福建近代民生地理誌」には、よくみる品種33種が記されている。

1980年以後、寿山石の価値は目ましに高まり、300年来未曾有の「田黄ブーム」となった。寿山石の希有な名品がもはや再生産出来ないという事態に直面し、福州市人民政府は、2000年4月24日に「福州市寿山石資源保護法」を公布した。これは、統一的規格、合理的分布、科学的採取という開発原則を打ち出し、寿山石の資源保護と採掘管理の上で、規範的・法制化というルールが敷かれた。
一連の系統的な強化措置により、寿山石の産地は、採取禁止地区・採取制限区・採取可能区の三区に分類された。また、採集総量を巨視的にみてコントロールするため、厳格な審査により、採掘許可証が発行されている。
20世紀寿山石彫刻の発展
近現代、寿山石の彫刻・印章を経営する商店は、福州総督後に集中しています。これは明・清以降、行政機関があったことと関係があり、1940年代後期には約20軒にまで発展し、店主は経営のほかに、多くは西門派の技法を継承してきました。1935年10月に台湾で博覧会が開催され、福州から寿山石の珍品を集め人を派遣して出品しました。
 抗日戦争期間中は、交通は遮断され海運も不通となり、寿山石彫刻業は落ち込みました。
 そして1980年代に入ると、寿山石及びその彫刻芸術は飛躍的な発展を遂げました。1980年に、一個121.5gの田黄石が広州の展覧会上で外国から来た貴賓に高値で取引された後は、国内外において寿山石収蔵ブームになりました。

商品一覧

並び順:

寿山石は、石質が艶やかであり、色彩豊富かつ種々の色が複雑に交じり合いきらめいてあり、品種が非常に多く、その上柔らかいので磨きやすく細工しやすい。それは、中国の福建省福州市の寿山およびその周辺の山々に産するので、寿山石と呼ばれる。寿山石の歴史は遥かに古い。考古学的な発掘報告によれば、福州市の北の遺跡から、今を去る4,000~5,000年前の新石器時代の先住民が寿山石を利用して制作した石の鏃・石の鑿などの器物が出土している。南朝時代(420~589)に寿山石が彫刻品として使い始めた(長さ約7cmの伏せるブタが副葬品として出土)。1500年あまりの発展の結果、今日では自然美と芸術美を融合した、独特で含蓄豊かな「寿山石文化」を作り上げ、その名はあまなく四方に聞こえ、中国の伝統的文化芸術の重要な構成部分となっている。